どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE ANGEL 番外編(後編)





ん・・・・・・・?
なんだろう、

唇に何かあたってる気がする

これは、もしかして・・・


俺は目を開けた。

目の前に林さんの顔があった。

一樹「うわっ・・・!!?ちょっ、林さん、何してるんですかーーーっ!!」

俺は林さんをはねのけて、勢いよく起き上がった。


林「いや・・・何か、寝顔可愛かったから・・。おかしーーなーー俺、バイなのかな」

一樹「冷静に何いってるんですかっ!ってあれ・・・ここどこ」

俺はきょろきょろあたりを見回す。


林「お前、覚えてねーーの??まあいいや」

一樹「もしかして・・・おぶってくれたんですか?・・・すいません・・俺かなり酔っぱらって・・」

林「いいよいいよ。ゆっくりしていけよ」

一樹「すいません」


時計を見ると14時だった

カーテンの隙間から眩しい光が差している

一樹「夕方までには帰ります」

林「お前、そうとうストレス溜まってるだろ。んで性欲も溜まってるだろ」

一樹「はい・・・えっ!!??何ですか、いきなり下ネタですかっ」


俺がそう言うと、林さんが俺の股間を指差した。


・・・・・??

一樹「・・・!!!」

俺の息子がはちきれんばかりに起っていた。

俺はあわてて股間を隠して、情けないポーズになる


林「ん~~~~、元気でけっこーーー!!!わははは」

一樹「うーーーーーー・・・」

林「お前、恋人いないの?」


恋人・・・・


淳は俺の恋人・・・には間違いなかった

なのに
8年も会っていないで・・・・本当に付き合ってる、なんて堂々と言えるのだろうか

一樹「遠距離恋愛、なんです」

林「なるほどねーーーー。どのくらい会ってないん」

一樹「8年です」

林「えーーーーーーー!それって付き合ってんの?心離れちゃわないか?」

一樹「正直・・・・ツライ、です」


そして沈黙になった


仕事よりもなによりも

淳に会えないのが本当につらいんだ。


アメリカに・・・
会いに行く行動力も決断力も経済力も、俺にはなかった

俺には
待つしかなかった。

林「そんなんあきらめて俺といいことしない?」


林さんが俺のアソコをズボンの上から触る

一樹「冗談やめてくださいっ」

林「いいだろ。お前・・・男好きだろ。俺、すぐピンときたし」

そう言って林さんが俺のシャツを脱がしにかかった


一樹「やめてください!!!!・・・・林さんっ」

俺はもがいた。

林「いいだろ!!気持ちよくしてやるよ」

そうして林さんが俺のズボンをおろそうとする

一樹「嫌だ・・・・・・っ!!!!」


俺は、林さんを突き飛ばした。

一樹「あっ・・・・・」

林「いってーーーーーーー・・・・。ふざけんなよ!!今までよくしてやったのによ!!この変態!!出てけよ!!」

林さんが、すごい剣幕でまくしたてる

一樹「・・・・っ」


俺は服を乱暴に直して、逃げるように部屋を後にしたーーーーーーーーーーーーー



~~~~~~~~~~~~~~~~



俺は一人、公園のベンチでうなだれる

林さんがよくしてくれたのも、こういう事、だったんだ


見返りのない親切なんて・・・・あるわけないんだ


人間なんてどうせ、そんなもんなんだ

世の中・・・くさってるんだ



いや・・・

くさっているのは、きっとこの俺なんだ・・・


一樹「クソっ・・・」

俺はベンチに体育座りして頭をうずめた


淳・・・・


俺どうしたら、いいのかな

信じて待ってていいのかな

俺の事・・・・まだ・・・・好きでいてくれてるのかな・・・


もう

これだけ会えないと
淳との楽しかった時間さえ、まぼろしに思えてくるんだ

俺のただ一つの希望の光



それが淳なんだ

一樹「っ・・・・・・」


涙がぶわーーーーーーーーーっと溢れてくる

真昼間の公園なのに

人がいるのに


止まらなかった

人目なんて、気にする精神状態ではなかった


俺がうずくまって泣いていると、携帯が鳴った


一樹「・・・・・・・」

俺はポケットから携帯を取り出す


学からだった

俺は鼻をすすり、目をごしごしして、携帯をとった。

学「あ!!古賀さん!2か月ぶりですねっ。元気でした?」


学の明るい声。

一樹「・・・・・・・」

学「あれ?古賀さん??聞こえてますか」

一樹「ああ・・・。どうした・・・?」


俺は泣いてるのをばれないよう、精いっぱい普通に務めた。

学「今から時間あります?今日、先輩の誕生日ですよね、ちょっと渡したいものあるんですよ。今から行きますんで」

一樹「そんなわざわざ・・・・どうした、いきなり」

学「まあまあ、そこ外ですか?」

一樹「公園だよ。前、お前と映画見に行ったとき、来たとこ」

学「了解です!!1時間でいけそう、んじゃ!」

一樹「っておい!!!学!」


きれてしまった。

まあ・・いいか

今日も特に予定も、ない。


学ならなんでも話せる

高校時代、会ったときは最悪だったのにな。


面白いもんだ



そうして俺は、ミステリー小説を読みながらしばらく時間をつぶしていたのだった。


~~~~~~~~~~~~


あたりが少し暗くなってきた頃

前から人が歩いてきた

一樹「学・・・?」

じゃない・・・・


「せんぱい」

俺は

目を見開いた


スーツケースを引きずって、前から歩いてきたのは・・・・



まぎれもなく、




だった。

一樹「・・・・・・淳!!淳なのか・・・・なんで・・・」


淳「学がセッティングしてくれたんだ。今日、せんぱいの誕生日だから・・・。そして俺からも、10年前、俺の誕生日にせんぱいから助けてもらったお返しだよ」

淳の、眩しい笑顔。


目の前がぼやけて

思いがあふれて


もう、どうしようもなかった


そして淳が俺を抱きしめた

淳「いっぱい待たせてゴメン。これからはずっと一緒だから。もう、何があってもせんぱい・・・一樹のそば・・・離れないから。愛してる」


愛してる


この言葉だけで


この8年間なんて帳消しになるほど・・・・幸せな気持ちであふれた

一樹「ばか・・・・おせーーよっ・・・何やってんだよ・・・っ」


涙が溢れだす


俺・・・・・泣いてばかりだ



淳「ただいま、一樹」


一樹「おかえり・・・・・おかえり、淳」

小説挿絵25b縮小


これから、俺たちの人生始まるんだ


この先もっとつらい事あるかもしれない


だけど

二人が一緒ならば、なんだってできそうな気がするんだ



こんな俺達、だから・・・・・・・きっと。





終わり





あるカンです


今日明日、旦那さんと横浜へ遊びに行くので、頑張ってアップしました。

これできれいすっきり遊びに行けるなって!!


はい、本当にこれで終わりです
感無量でございます。。。。

てなわけでまた梅酒でも飲みますかな

淳が黒髪!


いや・・・、新人の医者なのに、茶髪はどうかと思ったんですよ
そんな医者、やだなあって

それにしても、学がナイスでニクイ事するね!!いい奴すぎる。素敵すぎる
きっと、幸せになれるよ、学は・・・・(泣

さて!!

次はついに新しい小説ですよーーーっ!!

自信ありませんっw

なんかこの小説で自分のもてるすべてを出し切った感が・・・(早いなオイ


やりたかったこと、この小説で結構書けたんですよね

でも次も、ない頭と画力ふりしぼって頑張ります、楽しく、ね。


それでは・・・・感想お待ちしてます^^

読んで下さって、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト
WHITE ANGEL 番外編





淳が日本を飛び立ってからすでに8年が経った


俺たちを繋ぎ止めているものは、
ネット電話だけだった

最初の頃は毎日のように電話していたのが
今は一か月に1回あるか、になってしまっていた


淳が大切でかけがえのない人には変わりは、ない

心ではつながっている


頭ではそう思っていても・・・

会えない現実に


もう

限界がきている俺だった



淳が晴れて整形外科の医者になって1年

忙しい毎日を送っているようだった


学は手先が器用で機械が好きで車が好きだから
車の製造工場に就職した


奈那子はなんと19歳で結婚して、すでに一児のママになった


そして平松先輩は、風のうわさでは動物病院で働いているみたいだった



俺は・・・・というと


大学を出て、社会人になって2年目になっていた

何十社も面接を受け、かろうじて一つだけ採用通知がきた会社に入ったのだった


特技も、資格もなにもない俺は

ここにすがるしかなかった


ぶっきらぼうのこの俺が、営業なんてやっている・・・
全くおかしな話だ。


気をゆるせる友達もいない

ノルマをこなすのがやっとで

上司は悪い人ではないがとにかく厳しくて

残業の毎日・・・・


ストレスで押しつぶされそうになっていた


「おい、古賀。ここどうなった」

話しかけてきたのは、俺の直属の5年先輩の川村さんだ

一樹「今から確認します」

俺はデスクに向かってキーを打つ。


川村「お前、まだ確認してなかったのかよ。何やってんだよ!」

一樹「すいません!」


こんなやりとりが毎日のように続く


辛いのは、俺だけじゃない
先輩だって必死なんだ

そうわかっていてもキツイものはキツイんだ


社会人になるって

お金をもらうことって・・・・


こんなにも、大変な事なんだってこと。


毎日必死に生きていくのが精いっぱいで

夢も希望もあったもんじゃない


好きな事を仕事にして充実した毎日を送ったり

一発当てて儲ける


なんてのはきっと、一握りの人間だけなんだ

みんな、イヤなことを我慢して生きているんだーーーーーーー



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


資料を確認してまとめて終わったころにはもう10時を回っていた

俺はパソコンに向かい、最後の仕事をしていた

小説挿絵25a


一樹「疲れた・・・・」


俺は自分のデスクに頭を伏せた。



淳・・・・


淳に会いたい


淳の笑顔をそばで見たい

いくら心で繋がっていても、
会えなくちゃ、どうしようもないんだ


会えなくちゃ、意味ないんだ



一樹「もう・・・・もう無理だよ・・・・・・っ」


俺が机をグーで叩くと、ドアが開いた


「あれっ、お前まだいたの」

一樹「あっ・・はい・・・」


俺は体制を整えた。

話しかけてきたのは、違う部署の2年先輩の林さん

会社では一番話せる人だった
俺に気を使ってくれてアドバイスもくれたりとてもよくしてもらっている

林「もうちょい、仕事早くなんねーとな!」

そう言って林さんは笑った


一樹「はい」

林「ほれほれ、終わったなら帰ろうぜ!!花金だし、飲みにでもいこうぜ!」


林先輩は本当にお洒落で色んなお店を知っている

そしてこんな俺をよく居酒屋やカクテルバーに連れていってくれておごってくれる


ありがたかった


そんなこんなで俺たちは会社を出たのだった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


林「うお、○○、ついに結婚だってよーーー」

一樹「へぇ~~~」


こじんまりとした居酒屋で、テレビを見ながらどーでもいい会話しながら飲んでいる。

林「俺絶対結婚しない」

一樹「えーーっ、何でですか。もったいない」

林「ばっか、結婚なんて男にとったら地獄だろ!!死に物狂いで頑張って稼いだお金は奥さんにもってかれるし、娘なんてできたら、パパくさいなんて言われるし、いろんな子と遊べなくなるし!!どーみてもデメリットのほうが多いだろ!!」


一樹「・・・・・。そんな、夢壊すようなこと・・・」

林「だって俺たちの上司見てみろよ。会社じゃえばってるけど、家に帰ったら居場所なくて怖い奥さんに嫌味言われてるんだぜ~~~。いっつも愚痴られてるわ。俺に言わないで、奥さんに直接言ってちょうだいよって感じ?」

林さんがゲラゲラ笑った

一樹「でもなんか楽しそうですね」

林「ま~、俺話聞くのもするのも好きだしね。よくうざがられるけど」

そして俺たちは爆笑した。


こんなしょうもない会話しながら俺はガンガン飲んでいったのだった




~~~~~~~~~~~

終電はとっくにない

なんと3時を回っていた


林「おい、お前大丈夫かよ」

一樹「ういーーーーーっ、全然大丈夫でーーーぅ」

林「言葉になってねーじゃんかよ。しゃーねえなあ・・・」


あれ?


俺、林さんにおぶってもらっているのかなあぁ?

ふわふわしている


一樹「寝っ転がりたいでーーーーすぅっ」

林「だめだこりゃ。俺んちここから一駅だからもうちょいガマンしろ」

一樹「ほーーーーーーい!・・・うっ・・・・うえええぇぇっ」

林「うわ、うわわ、頼むから俺の肩に吐くなよーーーーっ」


そうして俺は、いつの間にか意識がおちていったのだったーーーーーーーーーーーーー





後編へつづく






すいません、1話でまとめられなくて、前編後編になってしまいました。

てなわけで一樹、25歳です

スーツって難しい・・・・・描けない
オフィスとかわからない、どうしよう

次の小説大丈夫かな・・・

学園モノより苦労しそうだ・・・・


資料ないとキツイな・・コレ

初めて、紳士服のコナカのホームページなんてお邪魔しちゃいました
参考にね・・・

色の塗り方もちょっとだけ変えてみたり。
絵柄もすこしづつ変えようと頑張っています

線の細さも慣れてきたかな
過去絵のは太いです

それでは失礼します


最後に拍手コメントのお返事です↓


えみこ様★

目がしゃきっとしていただいてよかったですv
ん~~やはり私はビー○クはない方向かもですww
和服もお好きなんですね。
和服は描くのも難しくてまいりました~~(汗

WHITEANGEL.jpg

小説ではかなわなかった、3人のショット描いてみました
残念クヲリティーです


うぅっ(T T)

やっぱりさみしい・・・・
3人に会いたいよ(大丈夫か、自分

平松先輩だけいなくてかわいそうだけど・・・

笑顔っていいですよね

うん、やっぱり笑顔が一番ですね^^
こっちまで幸せになるよ

制服は冬服バージョンにしてみました
この暑苦しい季節にすいません(汗

でもさわやかに描いた(つもり)からゆるして下さい・・・


番外編、書き始めました!!

皆様(でもないけど)から番外編ぜひ!!と暖かい、とても嬉しいお言葉頂きまして・・・


調子に乗って書きました、すいません


お楽しみに♪

うーーーん、やっぱ制服って最強だわ!!!!!




さようなら~



拍手コメントのお返事です↓


森田にあ様★

ご訪問ありがとうございました。
小説は1本当に稚拙で恥ずかしいです(汗
お持ち帰りの件、了解しました^^
ご報告ありがとうでした!!


名無し様★

サスケはやはり根強い人気ですよね。
もちろん今のサスケもかっこいいんですけどねhshs
やっぱりあの声がたまりませんよね~~~!!
コメントありがとうございました。
WHITE ANGEL#24





淳とひとつになった後、俺たちはしばらく裸で抱き合っている


一樹「あのさ・・・家の人、大丈夫なのか」

淳「ん?ああ、だから大丈夫大丈夫!どーせ両親とも仕事で遅くまで帰ってこないし」

一樹「そっか・・・」

淳「どーしたの、せんぱい」

一樹「いや・・・なんか今すっげー幸せすぎて、しばらくこのままでいたいなっていうか・・・」


俺がそう言うと、淳が俺の頬にキスをした。

淳「もーーーっ、せんぱい相変わらず可愛いんだから~~っ、このこの」


淳が俺の頬を、ぎゅーーっとつねった。

一樹「いててっ」


はたから見たら、バカップルの何物でもないだろう、俺達。

淳「せんぱい、覚えてない?俺が中2の時、せんぱいと初めてあった時のこと」

一樹「ごめん・・・覚えてない・・・」


淳「俺、せんぱいと会うまでほんと暗かったし、引っ込み思案で友達も学しかいなくてさ。11月4日・・俺の誕生日だったんだけど俺その日、いつものように3人くらいにイジメられててさ。そしたらちょうどせんぱいが通りかかってさ・・・弱い者いじめはヤメロ!!っていってくれてさ」

一樹「えっ・・・・そういえばそんなことあった気がする・・・」

淳「うん。で、せんぱい3対1で殴り合いのケンカしてさ」

一樹「あれ・・・お前だったのか・・・。お前もっとひ弱そうでチビだったから・・・見ててなんかいたたまれなくって・・・」


淳が笑った。

淳「うん、俺中3の終わりくらいからすげー身長伸びたしね~」

何もかもがびっくりだった。

淳「んで俺が、もう人生なんて嫌だって、ふさぎ込んでたらたらせんぱい、こう言ったんだ。”お前はお前なんだからこの先どう生きるかもお前次第なんだって、これからもっと楽しい事あるんだぞ”って・・・」


俺・・・そんな事言ったのか・・

俺自身、人に説教できるような生き方してないのに・・・

淳「めっちゃかっこよかったんだぜ~~。せんぱいの前を向いてるまっすぐな瞳に、魅かれたんだ、俺。その日を境に俺、今までの卑屈で臆病な自分捨てるって心に誓ったんだ」


一樹「そんな・・・俺・・こんなどうしようもない奴なのに・・・何言ってんだ・・・何様だ」

淳「今の明るい俺はせんぱいのおかげなんだ」


俺は目頭が熱くなるのをぐっとこらえた。


俺、もう泣かないってきめたんだ

なのに
思いがあふれてどうしようも、ない


淳「せんぱい、聞いて。俺留学するよ。もう決めた」

一樹「えっ・・・・そんな・・」


俺の目の前が急に真っ暗になる

淳「俺、頑張って勉強して、医者になって親に認めてもらったら・・・・せんぱいを迎えにくる。どのくらいかかるかわからないけど、絶対せんぱいをむかえにきて幸せにするから」


嫌だ

何年も離ればなれになるなんて嫌だ

淳「その間にせんぱいが心変わりしたらそれはしょうがないんだ。でも俺は、俺にはせんぱいしかいないから一樹しかいないから。俺はずっと好きだから」


俺にだって淳しかいないんだ


そう・・・なんだ

もう俺は迷わないんだ


一樹「俺・・・待ってるよ。信じて待ってる。淳が立派な医者になるの、応援するよ」

淳「・・・ありがとう。日本に帰ってきたら、一緒に住もう」

一樹「・・・・・うん」


小説挿絵24



そして俺たちは


しばらく抱き合っていたのだったーーーーーーーーーーーーーーーー




~~~~~~~~~~~~~~~~~~



淳からのお願いで、空港には見送りはこないでくれ、との事だった

決心が鈍るから・・・・



俺もそのほうがいい


離れられなくなりそうだから・・・・



淳からのメールは



(行ってくる)

たった一言、それだけだった。

しかし


その一言で、十分なんだ、きっと


俺は学と一緒に学校の屋上にいた



空を見上げると、飛行機が飛んでいた

学「もう・・・淳、離陸したかな・・・」

一樹「だな・・・」


淳に出会えたことが俺の人生の全てなんだ

人生まだまだこれからなんだ


いくらだって待つさ

一樹「白衣の天使・・・・だな」

学「なんですか~~それっ。淳、男ですよーー。古賀先輩」

学が笑った。



淳は

俺にとってのかけがえのない天使なんだ




夏はまだ、始まったばかり



俺たちは、


しばらく青空を見上げていたのだったーーーーーーーーーー






終わり






あるカンです

終わりました
なんか燃えつきましたーーっ
ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました。
感想お待ちしております・・・



さて
一樹たちは人生これからですからね

なんでも挑戦できるってすごいんだ
若さってやっぱり無敵。無限大。

やっぱりこの頃に戻りたくなってしまいますね・・・

私も前向きにいかないと、ですね。


次のBL小説は
18歳の男の子が主人公で、相手役は26歳です。

スーツ男子が描きたくて


フツメンの男も、スーツ着てればカッコよさが3割増になります
いや、もっとかもしれない

スーツって、大人の男の最強アイテムだと思うんですが。

これ以上に
萌える服装ってない気がする・・・私の中では。

30前後の
草食っぽい、疲れたスーツ男子見るの結構好き

絵を描くから人間観察はめちゃくちゃ大事だけど、
それ以前に

見て楽しみたいっていう

そして、
家に帰って、ザーーーっとラフで描いてみたり。


ま、一番萌えるのは学生服ですけどね。

次の話は


エロ度的にはもうちょい多くてほんの少しハードでシリアス になる予定です


挿絵にはまた苦労しそうですが・・・
頑張って描きたいと思います。


一樹達がなんかもう、わが子みたいになってしまって。
さみしい・・・・。ホントお別れなんてツライ・・・・。
自分で話考えて、キャラクター作るのって大変ですが本当に楽しいです、幸せです。

最後に何かイラスト描こうかなって思ってます^^

この後に番外編あります。これで本当に完結です。

本当に

ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました!!!

WHITE ANGEL#23


性描写があります。
18歳未満の方の観覧お断りさせていただきます。







俺はインターホンを鳴らした。


しばらくしてドアから淳が出てきた

淳「なんで・・・。もう俺なんかほっといてよ」

そう言って淳が家に入ろうとした
俺は淳の腕を掴んだ。

一樹「俺にはお前しかいないんだ!淳が好きなんだ」

淳「・・・・・だって・・・・せんぱい・・・」


俺は淳を抱きしめる

一樹「俺、もう迷わない。淳と離ればなれになるなんて嫌なんだ。」

淳「・・・・・・・」

一樹「俺、サイテーな事、した。謝って済む問題じゃないけど俺ーーーー」


淳も俺を強く抱き返した

淳「もういいから。こうして先輩が俺のとこに来てくれただけで、もういいから」

一樹「淳・・・・」


俺の目頭が熱くなる


淳の家の玄関の前、

俺たちはしばらくこのまま抱きしめあっていたのだった



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



淳の部屋で俺たちは抱きしめあっている


胸が高鳴る

淳からのキスの嵐


うなじを舐められ、俺は身体がビクっとなる

一樹「っ・・・・・」

淳が俺の乳首を優しく吸う

舌を転がす


一樹「あぁ・・・・・っ」

俺は口を手で押さえて、必死に声を殺した

淳「声だしていいよ。我慢しないで。うちの親いつも帰ってくるの遅いから。先輩の声もっと、聞かせて」


淳にそんなふうにささやかれたら俺、どうしようもなくなるんだ

一樹「お前ばっかずるいよ・・・っ」

そう言って俺は


淳の股の間に顔をうずめた

そして淳の固くなったそれを、口に含んだ

一生懸命舌と顎を使って俺は愛撫する


淳「うっ・・・・せんぱい、なんかすごいんだけどっ・・・・」

一樹「・・っ・・・」

淳「ストップ!!せんぱい、激しすぎっ・・・」

淳が俺の頭を押さえて引き離した


淳「俺、せんぱいと一つになって、イキたい」

一樹「・・・うん。淳が・・・欲しい」


欲しい


だなんて歯が浮くセリフ


今は素直に、自然と口に出来る

淳「せんぱい、まだ何もしてないのに・・・すごいよ」

一樹「冷静にまじめな顔してそういう事、言うなよっ」

淳が俺の大事なところを優しく愛撫する


一樹「もうっ、無理だよっ。入れてよ・・・淳のっ・・・我慢できない」

淳「相変わらず・・・せんぱいエロいよ・・・」



淳が俺に優しくキスした後、淳のがゆっくり入ってきた

一樹「・・・ああぁっ・・・・!!」

淳「せんぱいっ・・大丈夫?痛かったらガマンしないで。でも先輩の中、あったかいよ・・・」






淳とひとつになってる

湧き上がる快感と気持ちがあふれそうに、なる


激しいのに優しい

俺はすでにもうイキそうになるのを必死にこらえた


淳「一樹」


淳が、俺の名前を呼んだ

淳「一樹・・・・・・一樹」


淳の言葉が魔法のように俺の中に入ってくる


一樹「淳っ・・・・もうっ、あぁーーーーーっ・・・・」


挿絵縮小23

気持ちと身体が満たされて

俺たちは


一緒に


登りつめていったのだったーーーーーーーーーーーーーーーーーー





つづく





あるカンです

てなわけで


次回で最終回です

なんとかここまできました

3日坊主の、飽きっぽい私が(泣


皆さんのおかげです、感想お待ちしております
拍手いつもありがとうございます!


拍手コメントのお返事です↓

藤村様★

あ、そっちの土方さんですねww
ちゃんとしたの名前も明記したほうがいいのかも・・w
拍手ありがとうございましたーーー!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。