どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、あるカンです。



突然ですが


BL小説をこれから載せていこうと思います。


完全シロートなのでお見苦しい点もございますが、ご了承くださいね。

更新も不定期で途中でやめる可能性もございますが、

読んだ感想などいただけたら幸いです^^



本当につたない内容ですが・・・・

そのうちエロも含まれますので無理な方はUターンで!!

18歳以下の方はご遠慮くださいませ。



それではどーぞ↓






WHITE ANGEL       #1




「かーーずーーきーー!お弁当もったのーーーー!!?」


「持ったって!」


そう言って俺は玄関のドアをあけた。


雲ひとつない青空。


あくび一つしながらかったるく歩く。

一樹1


俺は私立の男子校に通う高校2年生だ。
身長は171cm、B型。もうちょい伸びるかと期待したがこれで打ち止めっぽい。


神経質なとこもあるけど好奇心は旺盛だ。

将来の夢も特になく、優しい両親に育てられた。


これからもきっとテキトーに生きていくんだろう、きっと。


自分で言うのもなんだが、顔は悪くないと思う。

中学時代は女子に何度か告られたし、チョコもいっぱいもらった。


童貞は高1の秋に幼馴染の奈那子で捨てた。

別に感動なんてない。



ああ・・・・こんなもんか・・・・と思ったくらいだ。

奈那子には冷めてる!なんて軽蔑されたけど
そんな事言われても困る。正直な気持ちだった。


「男なんてこんなもんだろ?」

こう言ったらビンタされてフラレタってわけだ。



・・・こんな俺がなぜ男子校入ったかというと、
男としても人間としても尊敬して憧れている先輩がいたからだった。





その人の名前はーーー・・・・・


ジリリリリリリリリリリ!!!!!


「うわっ、やべえ!!」


俺は駅構内の階段を1段抜かしで駆け上がった。


この電車に乗り遅れたら完全に遅刻だ。

「っく・・・・!!」


無残にもドアは前にいたさえないオジサンが乗って閉まった。


ついてない・・・・・


ゲーセンでも行こう。新作の格ゲーにハマってるのだ。

財布を取り出す。

今日は3千円もある!これは奇跡に近い。



軽くガッツポーズしている俺を後ろから誰かが肩を軽くたたいた。

・・・・・?



振り返るとそこには俺と同じ服着たなんかチャラい男が満面の笑みでこっちを見ていた。

と、いうことは、だ。


同じ学校じゃねーーか!

「なんだよ・・・?」


俺がそう言うと同時にコイツがデカイ声でしゃべりだした。



「残念!間に合わなかったね!」

うっさいわ、お前もだろう。


「てかお前いったい誰?」


俺がウザイ感じ丸出しで聞く。

「あ、俺?1年の高坂淳ってーの、よろしく~」



げ!!年下かよ・・・・俺より全然タッパあるぞ・・・・クソ。

「高坂・・知るか。てかいっとくけど俺2年だかんな!!せ・ん・ぱ・い・だぞ!」


高坂「知ってるよ。古賀一樹せ・ん・ぱ・い」


なんだコイツ。気持ち悪いぞ・・・・


俺の不信な態度を察したのかこう言った。


高坂「だって俺、アンタがいるからここ入ったんだもん」




・・・・・・・・・

まさか、俺と同じ理由だとは・・・・・


高坂「とりあえず、ここうるさいからマックでも行こうよ、せんぱい」


俺にはお前のがうるさいんだけど。



俺の返事を待たないまま俺の腕をつかんで引っ張った。


古賀「おいっ」

高坂「案内しまーーーっす」


マックなら場所知ってんだよ!!



こんな見当違いな事思いながら俺は強引に引っ張られていったーーーー。。





つづく








ここまで読んで下さった方ありがとうです。


これから

登場人物やキャラ紹介ページなど設ける次第です。

ただ、ここの使い方が全くさっぱりなんで時間かかると思います
よろしくお願いいたします。


挿絵も自分で地道に描いていきますw


今回の絵は過去最大級の大失敗のやっつけになってしまいました・・・

こんなひどい出来のアップしてすいません・・・


小説より納得いかなかった・・・


普通のイラストもたまにアップしていきます。


んではまた~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
きちゃった・・・・////←キモイ

これからゆっくり~じっくり~~読ませていただきますよ♪(^ω^)

いいっすよね・・・若さって!!高校時代にもどりたい!年月って残酷(´・ω・`)
2011/05/28(土) 22:56:09 | URL | チキン #-[ 編集]
Re: No title
お越しいただいてありがとうございますう~~~

つたないですが読んでいただけたらめっちゃうれしいです!!

あっちのほうでもよろしくです^^
2011/05/29(日) 21:00:26 | URL | あるカン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamahiro08.blog60.fc2.com/tb.php/18-ab2e9712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。