どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From the bottom of the dake# 2



性描写があります。
18歳未満の方の観覧激しくお断りします





昨日から一夜明けた朝、俺は目が覚めた
昨日はとにかくいろんなことがありすぎて周りの状況もよく把握できてなかった

今日は日曜日

あたりを見回す
有理・・・・はいない

品川にある、高層マンションの22階で、3LDKはあるだろう

こんなとこ・・・有理は一人で住んでいるのか
一体何者なんだ

名前しか、しらない


俺は起き上がり、洗面台へ向かった
顔を勢いよく洗う
そして自分の顔をぼけーっと眺めながら歯を磨いていると、

ドアが開く音がした

俺は歯ブラシを口に入れたまま、廊下のほうへ顔を出した

有理だ


俺と目があったにもかかわらず
すぐに目をそらし、靴を脱ぐ

相変わらず、冷たい感じだ

日吉「・・・・・」

有理「やっと起きたのか。これ持っておけ」

そう言って有理が差しだしたのは2枚のカードだった

有理「一つはこの部屋の鍵だ。もう一つは、キャッシュカードだ」
日吉「え・・・・」
有理「言っとくけど、生活費だからな。料理や買い物、掃除もすべてやれ」
日吉「・・・・・・」

まるで

主婦、みたいじゃないか

有理「返事は。・・・もしかして家事全般苦手とか言うんじゃないだろうな」
日吉「家事は一通り出来る。家にいたときやってた」
有理「そうか。ならこんなのちょろいものだろ。とりあえず、今日は弁当買ってきたから食え」

有理がコンビニ袋を俺に差し出して俺が受けとると
スタスタと居間へ歩いていったのだった


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


居間で有理とコンビニ弁当を食べている

俺はこの重い空気に耐えられず、何か話題はないかと試行錯誤していると
有理が突然言葉を発した

有理「お前、どこに住んでた」
日吉「・・・・川崎・・・の端っこだけど」
有理「で、なんで昨日は品川なんかで自殺しようとした」
日吉「わからない・・・。最後に・・・・東京に行きたかった、なんとなく」

有理がククっと笑った
イヤな笑みだ

有理「最後くらい、みんなに注目されたかったってわけか。僕はここにいまちゅよーー!てか。笑っちゃうなお前、ホント」
日吉「・・・・・っ」

俺は心の底からむかついたけれど、
本心を見抜かれ、何も言えなくなった

有理「やっぱりお前、甘いよ。」
日吉「なっ・・・・」

有理「明日から仕事だ。お前には俺の周りの雑用からやってもらう。まあ・・秘書みたいなものだな。これ、会社の資料だ。勉強しとけ。お前、もちろんパソコンくらい使えるだろうな」

そう言って有理が机に資料の束を無造作に置いた

日吉「パソコンなんて、ほとんどさわった事ない」
有理「・・・・・・話になんねーな。今日から必死に覚えろ。そんなんじゃ仕事になんねーんだよ」

有理があきれている
本当にあきれているようだった

家にパソコンなんてなかったんだ
そんな整った環境なんて、ウチにはなかった

学校にもあるにはあったが、ほとんどノータッチだった
勉強は必死に頑張ったけれど、
デジタル社会にはめっぽう弱い俺だった・・・・

有理「お前、携帯は」
日吉「携帯電話なんて、持ったことない」
有理「マジかよ・・・。本当にめんどくさい奴だな、ったく。近いうち買っておくから待ってろ」
日吉「・・・・」

有理「おい、昨日の条件、忘れてないだろうな」

・・・・・・・
そう、なんだ
ただでこんな親切なんてしてくれるわけないんだ

もう 
腹くくるしか、ないんだ

日吉「俺、どうすれば・・・」
有理「色気もなにもあったもんじゃねーな、お前」

そんなこと言われても困る

本当にソッチの世界はわからないんだ

有理「とりあえず、俺の咥えろ」
日吉「・・・・・・」

やるしかない
やるしかないんだ


俺は、有理の前に跪く
ズボンのチャックをおろす

俺の額から汗が一滴、垂れる

俺がもたついていると
有理が俺の頭を掴んだ

そして

生まれて初めて至近距離で見る自分以外の男のモノが俺の顔にあたる

有理が無理やり咥えさせた

日吉「うぐっ・・・・・」

俺がむせそうになるのをお構いなしに有理が頭を押さえつける

苦しい

気持ち悪い


俺は吐きそうになるのを必死にガマンする

有理「この・・・下手くそ!もっと顎使え」

下手くそ

そう言うわりには、大きさと固さは半端なかった

日吉「うっ・・・・んぐっっ・・」

小説2挿絵2



俺は一心不乱に男のソレをしゃぶった

有理「・・・っ・・・・」

突然ビクっとなり、俺の口の中に精子があふれだす

俺はげほげほとむせかえった


なんだ、これ
気持ち悪い
何ともいえない味がする

一呼吸おいて、有理が言った

有理「お前、顔以外に本当にいいところねーな。これから調教してやる」

日吉「・・・・・」


こんな有理の嫌味も気にならないくらい

今日一日俺は、気分が最悪になったのだった。



つづく







あるカンです

はい、2話目からもうすでにR18だぜい(・∀・)←
しかもフ○ラのドアップとか。

少しナニが見えてますん(何っ←

チラリズム!!!(爆

そしてモザイク!!!


でもあんまりエロくないですね・・・
ほんと、エロく描けなくてすいません

こんな感じで今回の小説は、半分はR18になっちゃうかもしれないですが

ときメモGSやってらっしゃるような純粋な乙女は見ちゃダメ!!!

BL好きな貴腐人さん、いらっしゃ~~~~~~~~~~~~~い:*:・( ̄∀ ̄)・:*:カモン


こんなの見たくない

って苦情言われても困るですよ・・・・マジで


だって私が描きたいんだもん
これからガンガン描くんだからあ!!

BL好きな腐った方にぜひぜひもっと来ていただけたら嬉しいな(/ ^^)/


オリジナルはいいね。
自分の好きなように描けるからさ
誰かに文句言われるわけではないですし

二次だとなんかそのキャラを汚してる気分にちょっとなる・・・かもしれない
二次小説、二次漫画もまあ、題材があるっていう強みあるし注目されやすいけど、
やはり人様のものだしさ・・・・

創作いいよ創作ううう!!!!
楽しい


皆様、いつも観覧ありがとうございます(´∀`)


拍手コメントのお返事です↓


えみこ様★

こんばんは~~~!
はい、今回はもうこの回からすでにアダルトwな展開ですよ
多分主人公総受けでガンガンやられちゃいますよ( ̄∀ ̄)
シリアスとすこしハードで頑張っていきます
千葉さんいいですよねっ
そのラジオは知りませんでした。要チェックですね!!!


黒房 漆様★

こちらこそご訪問ありがとうございました。
これからもお付き合いいただけたら嬉しいです。
また私もお邪魔させていただきますね。
拍手コメントありがとうございました(・∀・)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメ1ゲット!
はぁーーーーーv-10
第二話目から
エロ展開キターーーーーー!!
もうヤバいですよ。
絵もヤバしですよ。
これからが、すごい期待です!
はぁ、
リーマンいっぱいでるのかぁv-238
2011/07/26(火) 18:29:14 | URL | 三毛neko #7ChSZMbI[ 編集]
2ゲツ
三毛neko様に先こされましたね
新しい話の
From the bottom of the dake
主人公総受けっていいですね
続きが、たのしみです
2011/07/26(火) 18:37:47 | URL | カラカラ #7ChSZMbI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/26(火) 20:34:49 | | #[ 編集]
Re: コメ1ゲット!
エロキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!キター
↑すいませんw
これからの日吉のエロ具合にも注目してくださいねっ
絵のほうもエロく描けるよう修行します\(^_^)/
2011/07/27(水) 10:56:43 | URL | あるカン #-[ 編集]
Re: こんばんは。
とても丁寧なコメントありがとうございました!
小説は本当に稚拙でお恥ずかしいです。
さらに挿絵は毎回ヒイヒイ言いながら仕上げてます(苦笑
きっちりだなんてとんでもないです、背景なんて特にめんどくさくて
毎回手抜きです(基本いつも手抜きでいいかげんです
尊敬だなんて恐縮すぎてなんといっていいのやら(つд`)
そして私も辰城様の小説、これから順を追って少しずつ拝見させていただきます
コメントありがとうございました( ´艸`)
2011/07/27(水) 11:04:00 | URL | あるカン #-[ 編集]
Re: 2ゲツ
こんにちは。
多分ですけど総受けになる・・と思います(・∀・)
鬼畜になりすぎないよう、
暴走しないよう(笑
気を付けつつガンガンいっちゃいますっ
2011/07/27(水) 11:08:05 | URL | あるカン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamahiro08.blog60.fc2.com/tb.php/82-fad20af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。