どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From the bottom of the dake #6


性描写があります
18歳未満の方の観覧激しくお断りします

そして、今回挿絵と内容がちょっとハード(当社比)なので

大丈夫な方だけ
続きを読むをクリックしてお読みください

そして拍手コメントのお返事、書き忘れてました、すいませんっっ


えみこ様★
私も、日吉かわいそうと思いつつも、書いてて楽しかったですw
もっといじめてやりたくなっちゃう。
これからもいろいろあると思いますんでお楽しみに~~!!
料理できる男性素敵ですけど、やっぱり私は」できないほうが
男って感じで好きですね(笑





梶浦「ふ~~~ん、こんなとこなんだ」

梶浦がそう言いながら部屋の中を歩きまわっている
本当にうっとうしい奴だ
ここまで図々しく俺も生きられたらどんなに楽だろうか

いや、きっとこんな横柄な態度なのも、俺だからなんだろう
他の人にはイイコちゃんで通ってるんだから

梶浦「ここで有理さんとエッチしてんのかあ」
日吉「・・・・・」

無視だ無視

俺は仕事の復習と勉強でもしていよう
そのうち有理も帰ってくるだろう

今日は外で食べてくるというので、残り物で簡単にすませよう

梶浦「ちょっと仮眠していい?昨日オールで寝てないんだ」

俺の返事を待たずにソファに寝っ転がりだす

・・・・・早く有理が帰ってくるのを、こんなにも待った事あっただろうか



俺はそう思いながら、パソコンに向かったのだった



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


時間はすでに22時を回っていた

日吉「もう遅いのでいいかげん帰ったらどうですか」
梶浦「うるせえよ。もう帰るとこだったんだよ。ホントお前ってつまんない奴だね」

梶浦が言い終わった直後、開錠する音が玄関から聞こえた

梶浦「やばっ・・えっと・・・・ソコ!!クローゼットの中に隠れてる!!バラしたらお前、ただじゃおかねーからな」

そう言って梶浦がクローゼットの中に身をひそめた

そして
有理が居間の中に入ってきて、カバンを叩きつけた

有理「クッソ」
日吉「お帰り。有理、どうしたの」
有理「お前には関係ねーよ」
日吉「・・・・・コーヒー淹れるよ」

俺が台所へ向かおうとすると、有理が後ろから俺の腕を掴んだ
そして乱暴に押し倒す

日吉「つっ・・・・・ちょっと、有理!」
有理「うるせえ、むしゃくしゃしてんだよ!黙れ」

そして
乱暴に俺のシャツを脱がしだす

まずい

クローゼットの中には梶浦がいるんだ

有理が俺の首筋を強く吸う
俺は身体がビクンと反応した

日吉「有理っ・・・」

有理に服を全部脱がされ、いろんなところに唇を這わせる

有理「そのまま四つん這いになれ」
日吉「!!!・・・・そんなの、嫌だよ」
有理「口答えすんな、早く」
日吉「・・・・・・っ」


梶浦もいるというのに
こんな
こんな恥ずかしいかっこするなんて

やっぱり
死んだほうが、マシだったんじゃないか

有理の視線が突き刺さる

有理「お前、嫌なくせにコレはなんだよ」

有理がそう言って俺の大事なモノを後ろから握った

日吉「っあ・・・・うあっ・・・」
有理「こんなかっこされてこんな勃ててお前、すごいな」
日吉「うっ・・・・・嫌だっ・・・ああぁっ」

嫌なのに

こんなかっこ嫌なのに

梶浦がいるのに

男にこんな事されて最悪なはずなのに


有理の言葉に反応する
身体全体が性感帯になったみたいにゾクゾクする
有理の手つきにもう、ガマンできなくなる

日吉「もうっ・・・ダメだよ・・おかしいよ、俺っ」
有理「ここ・・・初めてか」

そう言って有理が中指を挿入してきた

日吉「ひやっ・・・」

今まで自分でも聞いたことのない声が、出た

有理「お前・・・なんだよ、コレ。才能、あんじゃねーの」


才能ってなんだ、なんなんだ
そんな・・・そんなはずはない

有理がズボンのジッパーを下す音が聞こえた



本当にこのまま、男に挿れられるのか

今、梶浦は、クローゼットの中でどんな顔して聞いているんだろうか



そして、有理のモノがすごい勢いで入ってくる


日吉「痛っ・・・痛いよ!!・・っうあああっ」

小説2挿絵6縮小


有理の、半端なく大きいものが俺の中に入ってくる

額から汗がダラダラ流れ落ちる
苦しくて息もできない
何も考えることが、出来ない

有理が後ろから激しく突いてくる

こんな・・・・
男にこんなことされてるのに

ゾクゾクしてたまらない


日吉「あぁっっ・・・・うああっっ」
有理「くっ・・・・・」

俺の中で有理が弾けるのが、わかった

それと同時に俺は、
頭が真っ白になり

そのまま気を失ったのだったーーーーーーーーーーーーーー





つづく





あるカンです


ついに日吉、男(有理)にヤられた記念日オメヘ(゚∀゚*)ノアヒャヒャ

日吉、泣いてるよ。気絶しちゃったよ(笑


なぜバックか。

それは私がこのアングルでどーーしても描いてみたかったからです
だってなんかすごいじゃないですか
エロいじゃないですか

背景ナッシング。
でもまあこのシーンは日吉のエロさと表情を見せたいからよしとしませう(汗


描いててすっげーーーーーーーーーっ楽しかった、やばい
皆様にも楽しんでいただけたら幸いです

画力は微妙ですけど、満足満足う( ̄∀ ̄)←


なんかどんどんハードになっていってる気がしないでもないですが
鬼畜になりすぎず、ほのぼのキュンも入れつつ頑張ります


4話の梶浦くんのフ○ラシーン、旦那さんに見せたら

お前、露骨なの好きだな

って言われました。

えっ・・・
そうですか!!??私、露骨なんですか??
意外な意見がかえってきたんでびっくりしました・・・・

そして
こんなアングルどうだ、と

その場で旦那さんが、フ○ラのシーンのラフを3パターンくらいザザッと描き始めた

男が男同士のエロシーン描いとるよーー(゚∀゚)━━━!!!ってテンションあがっちゃったじゃないのっ
なんかくるものがありました(笑


今回の四つん這いのシーンは、旦那さんにこのかっこやってもらうつもりだったんですが(難しいから描けないんだあーーーっ

タイミングあわず無理でした、残念
でもまた違うシーンできっとやっていただくだろう

なんて嫁なの私


拍手いつもありがとうございますっ
お礼はエロい絵と小説で頑張って書いていきたいと思います!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/04(木) 09:44:48 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
協力的どころか、ノリノリでやってくれますね、こっちがひくくらい(笑
パンツははいてるのでセミヌードくらいかな?
いや、見ないで描けるにこしたことはないですが、
被写体あるだけでだいぶちがいますからね!!
2011/08/04(木) 12:24:46 | URL | あるカン #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして!!
アオヒツジと申します。
素晴らしすぎて思わずコメントを!!
絵とても素敵です!!
このアングルエロくて最高ですっっっ!!表情も最高です!
太腿、わき‥‥どれもいい!
色もいい!!!
ずっと見ていたい!
イラスト、全部見させて頂きました。
すごくキレイですね!BLゲー見たいです。
個人的にフェ☆のイラストも最高に腰にきました(笑)
小説も、続きが楽しみです!
これからも小説もイラストも楽しみにしております!!
2011/08/04(木) 12:36:04 | URL | アオヒツジ #-[ 編集]
Re: はじめまして
はじめまして、コメントありがとうございます!
褒めすぎです、恐縮です(°Д°;≡°Д°;)
私もアオヒツジさんのブログ、またお邪魔させていただきますっ(*゚ー゚*)
腰にきていただいてよかったですv
これからもエロい絵描けるよう頑張っちゃいます(笑
ありがとうございました!
2011/08/04(木) 21:00:57 | URL | あるカン #-[ 編集]
こんにちは
今回の話でいきなりスピードUPしましたね。
帰ってきたらいきなり!しかもバックをヤられるなんて!
それをクローゼットの中で聞いている先輩!!
もう、最っっ高なシチュじゃないですか!!
旦那様が描いた3枚も、見てみたいですね(笑)
2011/08/05(金) 09:35:49 | URL | 三毛neko #7ChSZMbI[ 編集]
Re: こんにちは
こんばんは~~~
はい、バックはサイコーです!
このアングルはエロくてサイコーです(´∀`)
私の画力じゃイマイチですが(汗
これからもガンガンエロ描きますよっ
ありがとうございました
2011/08/05(金) 21:43:37 | URL | あるカン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamahiro08.blog60.fc2.com/tb.php/87-e516262c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。