どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From the bottom of the dake #7




俺はふと目が覚めた

あれ・・・俺・・・・・・


!!!!!!

俺は勢いよく起き上がる
いつのまにかベッドの上に移動していた

そして素っ裸だった

俺はさきほど、有理に・・・・・


まさか、気絶するなんて

俺は恥ずかしさと同時に、全身が熱くなるのを感じた


もしかして・・・有理がここまで運んでくれたのだろうか

とりあえず、パンツくらいは穿こうとベッドからおりると
有理が部屋に入ってきた

日吉「うわっ・・・・」
有理「・・・・・」

俺はあわてて股間を隠した
情けないポーズになる

有理「・・・ちょっとタバコ買いに行ってくる」

有理がそっけなくそう言って部屋を出る
俺は一呼吸して、パンツを穿いた

そういえば。

梶浦の存在をすっかり忘れていた
俺はあわてて居間に行く

そして
クローゼットを開けると

梶浦が体育座りでうずくまっていた

日吉「・・・帰るなら今のうちですよ」

俺はなるべく平常心で言うと
梶浦が俺を睨み、クローゼットから飛び出し出て行った



・・・こんな羽目になったのは俺のせいじゃないけど
なぜかやるせない気持ちになったのだった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一夜明け、仕事をし始めてから初めてのお休み、

しかし趣味も何もない俺は、特にすることもなくどうしていいかわからなかった

今までは、バイトのかけもちで休みという休みがなかった
ほかにやりたいこともないしそれが普通だったのだ

11時を過ぎているけれど、有理は多分まだ寝ている

一日・・・・有理と一緒だなんて、いったいどうすればいいのだろうか

お互い話し上手ではないので会話もなかなかはずまない

俺は台所に行き、コーヒーを淹れる
少しは淹れるのも慣れたかもしれない


そんなことを思いつつ、淹れていると
有理の部屋が開く音がした

しばらくしてシャワーの音がかすかに聞こえる

朝からシャワーだ


それにしても・・・ここに来てからいろんなことが初めての連続で、
新鮮だったり、カルチャーショックだった

床に暖房がついていたり
36インチはあるだろう、液晶テレビが勝手に電源ついたり
自動で流してくれるトイレ洗浄だったり
コンロの形をしていないIHキッチンだったり

同じ人間でこうも生活水準が違うものかと思う

有理はこんなの普通だ、なんていうけれど
そんなのは嘘だ
そんな恵まれた人間ばかりじゃないんだ、世の中・・・

突然、ピピピピ・・・と台所の近くから音が鳴り出す

有理「おい、石鹸持って来い。洗面所の引き出しの2番目にある」

インターホン?らしきものから聞こえた

最近は
お風呂からでも会話ができるのか

こんな機能、もちろん初めて目にした物だった


俺は洗面所に行き、引き出しを開け石鹸を取り出す

有理「早く」
日吉「・・・それじゃあ、開けるよ有理」

俺がドアを開けると、有理が髪を洗っていた

小説2挿絵7


俺は、なぜかドキっとする

裸を見るのは初めてじゃないのに
しかも男の裸なのに

昨日だって・・・・有理にヤられたってのに

なのに
鼓動がおさまらなかった

有理「・・・なんだよ。いつまで開けてんだよ」
日吉「あ!ゴメン・・・ここにおいとく」

俺はいそいそとドアを閉めた


俺、やっぱりおかしい

このモヤモヤはいったい何だろう

きっと・・・有理が男のくせに色気があるからフェロモンがすごいから
男から見てもかっこいいからなんだ、そうなんだ

それだけなんだ


俺は

自分につっこみをいれていたのだった


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


有理「これ、もっとけ」

そう言って、シャワーから上がって小一時間してから有理が俺に差し出したものは携帯電話だった


日吉「あ・・・ありがとう。・・・・なんか夢、みたいだ」

初めて手にした携帯
俺は舞い上がった

有理「携帯くらいでなに言ってんだよお前。小学生のガキじゃあるめーし」
日吉「いや・・・だって」
有理「・・・とりあえず、俺と圭介と会社の番号だけは登録しといてやったけど、あとは説明書見て自分でやれよ」
日吉「うん」

結構、優しいとこあるんだ
なんかこそばゆかった

そして何より嬉しかった

有理「ったく・・・」

有理が照れている
こういう時だけは自分が優位に立った気分・・・とはまた違うけれど
なんか面白かった


日曜日の午後の昼下がり

有理はコーヒー飲みながら仕事関係だろうか、資料を読み
俺はパソコンの勉強している


こんな
優雅な休みがおくれる日がくるだなんて一週間前は考えもしなかった

会話という会話なんてないけれど、こういう時間もいいかもしれない



そう思った、俺だった。




つづく





あるカンです

フェロモン全開お色気ムンムンの有理のシャワーシーンでつ(〃∇〃)
いい男のシャワーシーンが描きたかっただけです(笑

ちょっとガタイよすぎたかなあ・・・
BL系の絵はガチムチにならないようにしているんですが。

まあ、有理は脱いだらすごいってことで!!←

久しぶりにドラえもん見ちゃいましたよ。
しずかちゃんのお風呂シーンよりは色気あるよね?w

しかし、昼間っからお風呂入る小学生ってのもよく考えるとすごいですね


そうそう、天国の階段っていう韓国ドラマでの、
クォン・サンウのシャワーシーンが、もーーーーーーーう!!
色気が、フェロモンが、エロさがすごくて、鼻血でそうになりましたよΣ(~∀~||;)ぶほっ←

巻き戻して画面かっぽじって何度も見ちゃったくらいです・・・・
これだけでも見る価値はある・・・・かもしれないんで
興味ある方はどうぞ

何巻だか忘れたちゃいましたが・・・・

私は1話からもう引き込まれちゃって、終始ビィビィ泣きっぱなしでした
いやあ・・・歳だねえぇ・・・

それではっ

失礼いたします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamahiro08.blog60.fc2.com/tb.php/89-6e7c7d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。