どーでもいいBL小説部屋

創作BL小説を挿絵付きで書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From the bottom of the dake #10




掃除当番も終えて、帰る前に俺がお手洗いに向かう途中、三田さんとばったり会った


日吉「あっ・・・・」
三田「あれ、まだいたの」

数日前、俺は三田さんとセックス、したんだ
した日からすでに4日が経っていたけれど
俺は鼓動が早くなるのを感じた

三田「そんなおびえなくても。何か傷つくなあ」

三田さんがおでこをぽりぽりかいた

日吉「すいません・・・」
三田「なんで謝るの?いいじゃない、二人だけの秘密って事で・・・」

そう言って三田さんが俺の耳元で優しく囁く
俺はゾクっとする

この甘い声に弱いんだ

三田「相変わらず可愛いなあ」

三田さんが優しく微笑み、頬にそっと手を添えた

日吉「あ・・・・・」

そして三田さんの唇が俺の唇に触れた

日吉「ん・・・・・」

三田さんのとろけるような優しいキス

こんな
こんなところで・・・人に見られたら、俺ーーーーー

そして唇が離れると、三田さんがにこって笑って俺の頭を優しく撫でる

日吉「三田さんっ・・・そんな子供扱うみたいに・・・」
三田「イヤかな?別に子ども扱いしてるわけじゃないから。可愛いくて仕方ないんだ」
日吉「やっぱり子ども扱いしてるじゃないですかっ!」
三田「はははっ。まあまあ。一回り近く違うからね、やっぱり。仕方ないよ」
日吉「はあ・・・」

って俺、なに和んでるんだ
でも三田さんといるとかなり楽になれる、自分がいた

三田「今度の日曜日、予定ある?ドライブに連れてってあげる」
日吉「えっ・・・・ないです・・けど・・・でも」
三田「んじゃキマリ!!有理にファッションの事も頼まれたし、俺が服、選んであげるよ」
日吉「・・・はい」
三田「んじゃあ俺帰るね。有理待ってるんでしょ?また連絡するから」
日吉「はい、お疲れ様でした」

俺が軽く頭を下げると三田さんが去って行った


三田さんってなんであんなにさわやかで余裕あるんだろうか
俺も30くらいになれば少しは余裕ある大人な男になれるんだろうか

自分の10年後なんて、どうにもピンとこない俺だった


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お手洗いを済ませ、俺が手を洗っているとドアが開いた

梶浦と酒井先輩だ

日吉「・・・・・」
梶浦「うっわ、何そのあからさまに嫌な態度。相変わらず辛気臭いなお前」
酒井「お前がイジめるからだろ」
梶浦「えっ。俺いつイジメましたっけ?わけわからないんですけどー」

梶浦が笑う
酒井先輩も一緒に笑った

日吉「失礼します」

俺がそう言った直後、梶浦が俺の髪の毛をわしづかみにし、洗面台に乱暴に放り込む
そして蛇口を捻り、俺の頭に水をかける

小説2縮小


日吉「うっ・・・・」
梶浦「お前、三田さんともデキてんのな。この淫乱男!!」

梶浦が俺の頭を押し付ける

日吉「うぐっ・・・・がはっっ・・・」
梶浦「有理さんにバレたらどうなるんだろうね~~~?」
日吉「ぐふっ・・・い・・き、出来なっ・・・・」
梶浦「水浴びだよ!!」

梶浦が、蛇口から勢いよく水が出て洗面台の中に浸かっている俺の頭を容赦なく押さえつける

梶浦「ちゃんと廊下見張っててくださいね、酒井さん」
酒井「ああ」

日吉「やっめ・・・!!」
梶浦「土下座して俺の靴舐めたらゆるしてやるよ」

日吉「・・・・・」

そんなの死んでもいやだ
そんな事するくらいなら、死んだほうがましだ

日吉「・・・・イヤだ・・・」

俺がそう言うと梶浦が俺の髪の毛を掴み、そのまま壁に叩きつけた

日吉「うあっ・・・!」
梶浦「酒井さん、例のよろしく」
酒井「ああ、ほれっ」

酒井先輩がビニール袋から取り出したのはロープだった

そして二人がかりで俺の両腕を縛り、ドアノブに引っ掛けて固定し、ポケットからハンカチを出して俺の口を塞いだ

日吉「んぐ・・・・っ!」
梶浦「今度は俺が気持ちよくなる番だから」

梶浦が俺のズボンを乱暴に脱がす
俺が両足をバタバタさせると梶浦が俺のお腹を強く殴った

日吉「ぐふっ・・・」
梶浦「少しは静かにしろよ!お前、男なら誰でもいいんだろ!」


俺、このままこいつらに、おもちゃにされるのか
ヤられるのか・・・・・


俺はもう、抵抗する気力がなくなっていたーーーーーーーーーーーーー





つづく





あるカンです


内容ダークですいません(´д`)
ダメな方は無理しないでね

それと18歳未満の子はダメ!!!!!!!
何度も言ってるけどだめ!!
子供は見ちゃいけません!!!!
BLに嫌悪感ある方は見ちゃいけません!!

もっと健全なブログに行きましょう
たのみますよ・・・・はあ・・・困っちゃうなあ(´ω`)ホント

エロ描きづらくなるじゃないかヽ(`Д´)ノ

だめだーーーー
暑さでイライラするし思考回路がショート寸前・・・・・(セーラー〇ーンでそんな歌詞あったなv

カルシウム足らないのかしら


この挿絵は嘘ついてますね
蛇口からこんな離れてないはずなんだけど
まあ・・・それでもいいかもっていう・・・・
ハッタリ絵というかごまかし絵とか上手く描けれたらいいんだけど、
私の画力じゃ無理ですた(´・ω・`)どーーん

そんで旦那さんに手がでかすぎ!!とご指摘うけますた( ´(ェ)`)
もうマンドクセ( ´ー`)←からそのまんまだ、うはは

ああ・・・いい加減、酒井先輩仕上げないと・・・


皆様、拍手ありがとう!!!

エロ頑張って描きますよーーーーーーーっ!!!!!


拍手コメントのお返事です↓

えみこ様☆

どうもですーーーっ
三田さんはなんか人気ありますね!!!
私も好きなんでうれしいです(・∀・)
妻子持ちなのにいけないわっ三田さんっっ←
ま、二次元だしアリアリwwww
応援いつもありがとうです(´∀`)


もやすみなさいまし(´∀`)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamahiro08.blog60.fc2.com/tb.php/92-d16acfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。